居直り強盗の意味とは?

居直り強盗

ちょっと物騒な「居直り強盗」という言葉をご存じでしょうか?

「いなおりごうとう」と読みます。

「居直り強盗」を省略して「居直り」ということもあります。

この記事では「居直り強盗」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。 続きを読む

虚偽の意味や読み方とは?類語や対義語も解説

虚偽

「虚偽の証言」などのように使う「虚偽」という言葉。
ニュースなどでよく使われるため、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「虚偽」は一見すると難しそうな言葉ですが、簡単な意味の言葉です。

この記事では「虚偽」の意味や読み方のほか、類語や対義語も解説していきます。

「虚偽」の意味を知り、適切に使いこなせるようになりましょう。 続きを読む

逸話の意味とは?

逸話

「いろいろな逸話や噂がある人物」などのように使う「逸話」という言葉。
「いつわ」と読みます。

「逸話」は元々の意味とは異なる意味で使われたり、「エピソード」と区別しにくいため、混乱しやすいかもしれません。

そこでこの記事では、「逸話」の意味や使い方のほか、エピソードとの違いについて解説していきます。

「逸話」の正しい意味を知り、「エピソード」と区別するようにしましょう。 続きを読む

一服の意味とは?

一服

「ちょっと一服」や「一服の清涼剤」などのように使われる「一服」という言葉。
「いっぷく」と読みます。

なぜ「服」という漢字が使われているのか、疑問に思う方も多いかもしれません。

この記事では「一服」の意味や使い方のほか、「服」が使われる理由についてわかりやすく解説していきます。 続きを読む

一端と一旦の意味とは?

一端と一旦

「一端」と「一旦」は、どちらも「いったん」と読み、「一」が使われているため、混同しやすい言葉です。
はっきりと使い分けられない方も多いのではないでしょうか?

特に「一端」は、読み方が複数あり、それぞれに意味が異なるので、混乱しやすいかもしれません。

この記事では「一端」と「一旦」の意味や読み方についてわかりやすく解説していきます。

正しいを知り、適切に使い分けられるようにしましょう。 続きを読む

一張羅の意味とは?

一張羅

比較的年配の方が使うことが多い「一張羅」という言葉。
「いっちょうら」と読みます。

一度は耳にしたことがあると思いますが、その意味をご存知でしょうか?

「一張羅」はユニークな言葉ですが、その語源を知ることで、なぜこのような言葉が生じたのか理解できます。

そこで、この記事では「一張羅」の意味や使い方のほか、語源についてもわかりやすく解説していきます。 続きを読む

怠慢の意味とは?類語や対義語も解説

怠慢

「職務怠慢」という四字熟語でもよく耳にする「怠慢」という言葉。
「たいまん」と読みます。

仕事中にネットサーフィンをしていて「職務怠慢だ」などと言われた方も多いのではないでしょうか?

職務怠慢は処分の対象になる可能性もあるので、「怠慢」の意味を知り、適切に対処するようにしましょう。 続きを読む

一心不乱の意味や類語とは?

一心不乱

「一心不乱に勉強する」などのように使う「一心不乱」という四字熟語。
古くは「いっしんぷらん」とも読みましたが、現在では「いっしんふらん」と読みます。

「一心不乱」は、仏教用語に由来する言葉ですが、その意味をご存知でしょうか?
意味はなんとなく知っていても、由来までご存知の方はあまり多くないと思います。

この記事では「一心不乱」の意味や使い方のほか、その由来や類語も合わせてご紹介させていただきます。 続きを読む

一騎当千の意味とは?

一騎当千

人気漫画のタイトルにもなった「一騎当千」という四字熟語。
古くは「いっきとうぜん」とも読みましたが、現在では「いっきとうせん」と読むのが一般的です。

皆さんは「一騎当千」の意味をご存知でしょうか?

なんとなく意味を理解している方も多いと思うので、この記事では「一騎当千」の意味や使い方について、わかりやすく解説していきます。 続きを読む

一切の意味や読み方とは?一切合財とは?

一切

「今後は一切協力しない」などのように使う「一切」という言葉。

「一切合切」という四字熟語でもよく聞きますが、その意味をご存知でしょうか?

この記事では「一切」の意味や読み方のほか、「一切合切」の意味についても解説していきます。

意味を正しく理解して適切に使えるようにしましょう。 続きを読む