オーラルやオーラルセックスの意味とは?

オーラルとオーラルセックス

「オーラルケア」や「オーラルセックス」などのように使われる「オーラル」という言葉。
「オーラル」は、英語で「Oral」と表記します。

「オーラル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「オーラル」や「オーラルセックス」の意味について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オーラルとオーラルセックスの意味

「オーラル」は「口を使ってすること」という意味の言葉です。
「オーラル」単独で使うこともありますが、「オーラル○○」のように他のカタカナ語の前にくっつけて使うことが多いです。

「オーラルケア」で「口の中のお手入れ(ケア=お手入れ)」、「オーラルテスト」で「口頭試験」という意味になります。

「オーラルセックス」は「口を使ってするセックス」、つまり「口や舌で性器を刺激すること」を意味します。
「オーラルセックス」は「口腔性交(こうくうせいこう)」や「口内性交(こうないせいこう)」などと訳されます。

オーラルの使い方

  • 歯医者でオーラルケアの指導を受ける。
  • 筆記は得意だが、オーラルコミュニケーション(=口頭での意思伝達)が苦手だ。
  • オーラルセックスだけでも感染する性病がある。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。