憶測の意味や使い方とは?

憶測

「憶測が飛び交う」などのように使う「憶測」という言葉。

「憶測」は、音読みで「おくそく」と読みます。

よく使う言葉ですが、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「憶測」の意味や使い方について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

憶測の意味

「憶測」は「自分勝手に推測すること」という意味の言葉です。

憶測は、自分勝手でいい加減な推測を意味するので、本来はあまり良い意味の言葉ではありません。
しかし、単に「推測」という意味で使うこともあるようです。

「憶」と「測」はどちらも「おしはかる」という意味を持つ漢字です。
漢字としては悪い意味はありませんが、熟語になると「自分勝手な」や「いい加減な」という意味が含まれるので、使う際は注意が必要です。

憶測の使い方

  • 迷宮入りの事件が、憶測を呼ぶ。
  • ガセネタ混じりの憶測記事を載せる新聞。
  • それは単なる憶測に過ぎない。
  • 有名人のスキャンダルについて、憶測が乱れ飛んでいる。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。