オールマイティの意味とは?

オールマイティ

「オールマイティな人」などのように使う「オールマイティ」という言葉。

「オールマイティ」は、英語で「almighty」と表記します。

「オールマイティ」とはどのような意味の言葉でしょうか。

この記事では「オールマイティ」の意味や使い方について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オールマイティの意味

「オールマイティ」は「なんでも完璧にできること」という意味の言葉です。

英語の「almighty」は「全能の」という意味の言葉で、主に「全能の神」を意味することが多いですが、カタカナ語としては神様以外のことについても幅広く使います。

「オールマイティな人」で「なんでも完璧にできる人」、つまり「勉強もスポーツもできて性格がよくてカッコイイ人」というような「神様みたいにパーフェクトな人」を意味します。

また、「オールマイティ」は、物などに対しても使えます。
「オールマイティな道具」で「なんにでも使える道具」や「用途が広い道具」というような意味になります。

オールマイティの使い方

  • 作詞も作曲もできて、歌も歌えるオールマイティのミュージシャン。
  • 父はとても優秀で、まさにオールマイティのビジネスマンである。
  • 乗り心地も燃費もよく、オールマイティに使える自動車。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。