奥手の意味とは?

奥手

「奥手な男」などのように使う「奥手(おくて)」という言葉。

「奥手」は「晩生」とも書きますが、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「奥手」の意味や使い方などについて解説していきます。

スポンサーリンク

奥手の意味

「奥手」は「成熟が遅い人」という意味の言葉で、特に「恋愛について未熟な人」という意味で使うことが多いです。
自分から異性にアプローチすることが出来なかったり、気になる異性から声を掛けられてもモジモジしてしまうような人を「奥手」といいます。
つまり、恋愛に慣れていない人の事です。

また、恋愛が苦手だったり、恋愛に消極的だったりする人を「奥手」ということもあります。

「奥手」はもともと「花や実がつくのが遅い草木」を意味する言葉ですが、転じて一般的には上記のような意味で使われています。

奥手な人の具体例

・緊張して異性と上手くしゃべれない人。
・意識しすぎて好きな人と仲良くできない人。
・シャイな人
・草食系の人
・好きな人に対してわざと冷たい態度をとってしまう人。

などが奥手な人の具体例です。

奥手の使い方

・彼女は奥手な子だから、付き合うまでが大変だった。
奥手男子を好きになったので、進展が全くない。
奥手な性格を変えようと思う。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。