平和と和平の意味とその違いとは?

平和と和平

「平和(へいわ)」は日常的によく使う言葉で、「和平(わへい)」はニュースなどでよく使われる言葉です。
2つの言葉に違いはあるのでしょうか?

この記事では「平和」と「和平」の意味とその違いについて、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

平和と和平の意味

「平和」は「心配やもめごとなどがなく、穏やかなこと」という意味の言葉で、特に「戦争や紛争がなく、世の中が穏やかであること」という意味で使うことが多いです。
一方、「和平」は「平和」と同じ意味がありますが、それに加えて「人や国などが争いをやめて仲直りし、平和になること」という意味があります。
「和平」はこの「平和になること」という意味で使うことが多いです。

わかりやすく言えば「平和」は「争いなどがなく、穏やかなこと」、「和平」は「争いをやめて平和になること」という意味です。

平和と和平の使い方

  • 戦争が終結し、平和が訪れる。
  • のんびりと平和な日常を送る。
  • 両国の和平交渉が進展する。
  • 第三国が和平を仲介する。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。