惜しいの意味とは?類語も解説

惜しい

「惜しいことをした」などのように使う「惜しい(おしい)」という言葉。

よく聞く言葉ですが、意味が複数あるため説明しにくい言葉かもしれません。

「惜しい」とはどのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「惜しい」の意味や使い方や類語についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

惜しいの意味

惜しいには2つの意味があります。

1つ目は「あと少しのところで実現されずに終わって、心残りである」という意味。
「惜しくも合格を逃す」などの場合はこの意味になります。

2つ目は「大切なものを失ったり無駄にしたりしたくない」という意味。
「惜しい人を亡くす」や「時間が惜しい」などの場合はこの意味になります。

「惜しい」には2つの意味がありますが、「残念」と「もったいない」のどちらかの意味合いだと理解するとわかりやすいです。

惜しいの使い方

  • 惜しくもチャンスを逃す。
  • 別れが惜しいが時間が迫ってきた。
  • 当時の僕は百円が惜しかった

などのように使います。

惜しいの類語

今一歩(いまいっぽ)
意味:もうほんの少し。

今一つ(いまひとつ)
意味:いま一息。いまいち。

未練がましい(みれんがましい)
意味:あきらめが悪い。

勿体無い(もったいない)
意味:むだにしたりして惜しい。

残念(ざんねん)
意味:期待通りにならず心残りであること。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。