促すの意味や類語とは?読み方や対義語なども解説

促す

「注意を促す」などのように使う「促す」という言葉。

日常的に使う言葉ですが、意味を何となく理解している方も多いようです。

「促す」には複数の意味があるので、この記事ではそれぞれの意味や使い方などについて解説していきます。

スポンサーリンク

促すの読み方

「促す」は訓読みで「うながす」と読みます。

「促る」と書いて「せまる」と読ませることもありますが、あまり一般的ではありません。

「促」は音読みでは「ソク」と読み、「催促(さいそく)」や「促進(そくしん)」などの熟語で使われています。

促すの意味

促すには三つの意味があります。

一つ目は「早くするように急き立てる」という意味です。
「席を立つように促す」で「早く席を立つように急き立てる」という意味になります。

二つ目は「ある行為をするように仕向ける」という意味です。
「注意を促す」で「注意するように仕向ける」つまり「注意喚起する」という意味になります。

三つめは「物事の進行を早める」という意味です。
「植物の発育を促進する」で「植物の発育を早める」という意味になります。

スポンサーリンク

促すの類語

促すの類語には次のような言葉があります。

  • 督促(とくそく):物事の実行を促すこと。
  • 焚きつける(たきつける):その気になるように仕向ける。

促すの対義語

促すの対義語には次のような言葉があります。

  • 妨げる(さまたげる):物事の進行の邪魔をする。

促すの使い方

  • 促されるように席を立って、急いで家路についた。
  • 注意を促すメッセージがモニターに映し出された。
  • 薔薇の成長を促す肥料を購入した。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。