催促の意味をわかりやすく

「催促(さいそく)」は日常的によく使われる言葉で、意味は簡単ですが似たような言葉があり、区別がしにくいかもしれません。
ここでは催促の意味や類語についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

催促の意味とは

催促は「物事を早く実行するようにうながすこと」という意味の言葉です。
簡単に言えば「早くやれと言うこと」という意味の言葉ですね。
基本的に催促されると人は良い気がしませんから、催促する際には言い方に注意する必要があるでしょう。

漢字で見ると「催」という字も「促」という字も、どちらも「せきたてる」や「うながす」という意味を持っています。
したがって「催促」で「早く実行するようにうながす」という意味になります。

また、催促と似た意味の言葉に「督促(とくそく)」という言葉がありますが、意味は催促とほとんど同じです。
辞書によっては催促の意味の説明に「督促」と書いてあるので、同じ意味と理解しても問題ないでしょう。

ただし、「督促」は「催促」と比べて法律などの公的な場面で使われることが多いです。
逆に、日常的には「催促」が使われることが多いですね。
「催促」と「督促」は意味は同じで使われる場面が違う、と覚えておくと良いでしょう。

催促の使い方

  • 母親から宿題をやるように催促されると、途端にやる気を失う。
  • LINEの既読スルーを繰り返していたら、返事を催促されてしまった。
  • 金を借りており、催促されないように必死で逃げ回っていたのだが、ついに催促の電話が来た。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。