「自惚れる」の意味や読み方とは?

自惚れる

「自分は格好良いと自惚れる」などのように使う「自惚れる」という言葉。

難読漢字なので、読み方に悩む方も多いかもしれません。

そこで、この記事では「自惚れる」の意味や読み方などについて解説していきます。

「自惚れる」の意味や読み方を知り、適切に使えるようになりましょう。

スポンサーリンク

自惚れるの読み方

「自惚れる」は「うぬぼれる」と読みます。

「自」は音読みで「じ」、訓読みで「みずから」「おのずから」などと読みますが、「うぬ」は難読とされています。
「惚れ」は「ほれ」と読みますが、「自惚れる」だと濁音化して「うぬぼれる」となります。

ちなみに「自」を「や」と読む「自棄(やけ)」も難読漢字です。

自惚れるの意味

「自惚れる(うぬぼれる)」は「実際以上に自分が優れていると思い込んで得意になること」という意味の言葉です。

漢字の通り「自分に惚れること」という意味合いです。

「格好良いと自惚れる」で「それほど格好良くないのに、自分は恰好よいと思い込んで得意になる」という意味になります。

「自惚れる」は動詞で、名詞形は「自惚れ」です。
自惚れが強いと人から嫌われるかもしれないので注意しましょう。

自惚れるの使い方

  • 自分は有能だと自惚れる男。
  • 自惚れるわけではないけど、僕はイケてると思う。
  • 自惚れているとロクなことにならない。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。