喚起の意味とは?

「注意喚起」という四字熟語でおなじみの「喚起(かんき)」という言葉。
ほかにも「世論を喚起」、「意識を喚起」、「記憶を喚起」などいろいろと使えます。
見慣れない漢字が使われていますが、漢字の意味を知ると理解しやすい言葉です。

スポンサーリンク

喚起の意味

喚起(かんき)は「呼び起こす」「呼び覚ます」という意味の言葉です。

「注意喚起」で「注意を呼び起こす」、つまり「注意を促す」という意味になります。
例えば「前方注意」と書かれた看板は、前方の注意を促す注意喚起の看板です。

「喚」は「大声で呼ぶ」「呼び出す」、「起」は「おこす」を意味する漢字。
2つを合わせると「大声で呼んで起こす」となります。
漢字の意味としては、まだ気が付いてない人たちに対して大声で呼びかけて気付いてもらうというイメージです。

「喚起」は「注意喚起」という四字熟語で特によく目にしますが、「注意」のほかにもいろいろと使える言葉です。

喚起の使い方

  • 人々の意識を喚起し、貧困撲滅を目指す。
  • 花の香りが、ある日の私の記憶を喚起した。
  • 需要喚起のための方策が功を奏したようだ。
  • 街頭演説で世論を喚起する。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。