SFの意味とは?

「SF小説」や「SF映画」などのように使われる「SF」という言葉。
「エスエフ」と読みます。

よく聞く言葉ですが、その意味をご存じでしょうか?

この記事では「SF」の意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

SFの意味

SFは「science fiction(サイエンスフィクション)」の頭文字をとった略語で、「空想的で科学的な物語」という意味の言葉です。
「science(サイエンス)」は「科学」、「fiction(フィクション)」は「作り話」や「小説」を意味します。

「fiction(フィクション)」には「小説」という意味があるため、「SF」で「空想科学小説」や「科学小説」と訳されることもあります。

「SF」の定義はハッキリとしていないため、空想的で科学的なものであれば「SF」だと、大まかに理解すればよいでしょう。

SF作品の具体例

SF映画としては「バックトゥザフューチャー」や「ターミネーター」などが有名です。
タイムマシーンや殺人ロボットやアンドロイドなど、現代のテクノロジーでは実現し得ないものが登場する作品は「SF」として問題ないと思います。

ちなみに「魔法」や「妖精」が登場する作品は「ファンタジー」に分類されるので「SF」とは区別してください。
例えば「ハリーポッター」は「SF」ではなく「ファンタジー」です。

SFの使い方

  • 最近見た面白いSF映画は「インターステラー」だ。
  • 有名なSF作家のH.G. ウェルズの大ファンである。
  • SFで描かれることは、必ずいつか実現する。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。