フィクションとノンフィクションの意味とは?

「フィクション(fiction)」や「ノンフィクション(nonfiction)」はエンターテイメントの分野でよく使われる言葉です。
映画の注意書きなど、カタカナ語として浸透しているので意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

フィクションとノンフィクションの意味

フィクション(fiction)は「想像によって作られた作品」という意味の言葉です。
語源はラテン語の「fictio(フィクティオ)」で、これは「形成する・ねつ造する」という意味の言葉。
フィクションは日本でカタカナ語として使う場合は、創作された小説や映画などのエンターテイメント作品を意味することが多いです。
例えば、ハリーポッターやスターウォーズなどがフィクションです。

一方、ノンフィクション(nonfiction)は「事実に基づいて作られた作品」という意味の言葉です。
伝記やドキュメンタリー作品などがノンフィクションです。
例えば、環境問題を取り上げたドキュメンタリー映画「不都合な真実」などがノンフィクションです。

フィクションとノンフィクションの使い方

  • 本作品はフィクションであり、実在の団体とは一切関係ありません。
  • フィクションの世界に引きずり込まれる。
  • フィクションだと思ったらノンフィクションだったので驚いた。
  • ノンフィクション作家として本を書いている。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。