テクノロジー(technology)の意味をわかりやすく

テクノロジー

「テクノロジー(technology)」はよく耳にする言葉ですが、その意味は何でしょうか。

この記事では「テクノロジー」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

テクノロジー(technology)の意味

テクノロジー(technology)は「科学技術」という意味の言葉です。
科学技術とは「科学とその理論の成果を応用した技術」のこと。

テクノロジー(technology)はそれだけでも使われますが、他の単語と組み合わせて使われることが多い言葉です。
例えば、「バイオテクノロジー(生物などを生産に応用する技術)」や「インフォメーションテクノロジー(情報技術のこと。ITともいいます)」などが有名です。

テクノロジーの語源

テクノロジー(technology)の語源はギリシア語の「technología」であり、この言葉は「技」という意味の「téchnē(テクネー)」と、「~学」を意味する「logy (ロジー)」という言葉からなっています。

テクノロジー(technology)は意外にも古くから使われていた言葉で、17世紀初頭には登場していたようです。

テクノロジーの使い方

  • 近年のテクノロジーの進歩には驚かされる。特にスマートフォンなんか、とんでもなく便利だ。
  • バイオテクノロジーによって生み出された遺伝子組み換え作物については、安全性などの面から否定的な意見もあるが、これらの作物は病害虫に強いなどメリットも沢山ある。
  • インフォメーションテクノロジーによって社会はそれまでよりも遥かに便利になったが、対応が難しい新しい問題も出てきた。
  • ハイテクとはハイテクノロジーの略語で、高度な科学技術を意味する言葉だが、これから生まれるであろうハイテクには非常に興味をそそられる。
  • ナノテクノロジーは、極小のスケールで物質を制御する技術のことだが、この技術は応用範囲が広く、新素材の開発やIT、バイオの他、医療の分野でも活用されている。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。