SOSの意味とは?

なるべくなら発信するような事態は避けたい「SOS」。
「エスオーエス」と読みます。

「SOS」とはどのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「SOS」の意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

SOSの意味

SOSは「モールス信号による遭難信号」を意味する言葉です。
かつては船舶や航空機が救助を求める際に「SOS」を発信していましたが、1999年に廃止され、現在では使われていません。

転じて「SOS」は「救助や救援を求めること」という意味で広く一般に使われています。
遭難した場合に限らず、身近なところで助けを求める場合などにも「SOS」と言います。

SOSは何の略?

SOSは「Save Our Soul(私たちを救って)」や「Save Our Ship(私たちの船を助けて)」の略などとする説が多くありますが、全て俗説です。

SOSに意味は無く、単に発信しやすく、受信しやすいモールス符号だったために採用されたにすぎません。
SOSは何かの略ではない、と理解しておきましょう。

SOSの使い方

  • タイタニック号がSOSを発信した
  • 仕事が終わりそうになく、同僚にSOSを出した
  • 友人からのSOSに気付けなかった自分を責める。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。