時は金なりの意味とは?

時は金なり

「時は金なり」は、とても有名なことわざで、ほとんどの人は1度は耳にしたことがあると思います。

何となく意味は理解できると思いますが、正確な意味を理解しておきましょう。

この記事では「時は金なり」の意味をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

時は金なりの意味

時は金なりは「時間はお金と同じくらいに貴重なものなので、無駄してはならない」という意味のことわざです。

お金は誰もが大切にしますが、時間はちょっと油断しているとだらだらと過ごして浪費してしまい、お金に比べると大切にされないことが多いです。
「時は金なり」は、このような意識を改めて、時間をお金と同様に大切にするように戒めている言葉です。

時は金なりの由来

「時は金なり」は、英語では「Time is Money(タイムイズマネー)」といいます。
もともと「時は金なり」は「Time is Money」を日本語に訳したもので、「Time is Money」はベンジャミン・フランクリンの名言として有名な言葉です。

ベンジャミン・フランクリンは政治家や実業家、物理学者、アメリカ合衆国憲法の起草者など多数の肩書きを持つ18世紀アメリカの偉人です。

スポンサーリンク

時は金なりの類語

  • 光陰矢の如し(こういんやのごとし):月日が経つのは矢のようにはやい。
  • 一寸の光陰軽んずべからず(いっすんのこういんかろんずべからず):わずかな時間でも、無駄にしてはならない。
  • 時は得がたくして失い易し(ときはえがたくしてうしないやすし):時は二度と戻ってこないので、わずかな時間も大切にすべきである。
  • 一刻千金(いっこくせんきん):一刻が千金に値するほど時間は貴重である。

時は金なりの使い方

  • 私は無駄な時間を過ごすことが嫌いで、時は金なり座右の銘にしています。
  • 時は金なりというが、たまには何もしない時間が必要だ。
  • 時は金なり。無駄な時間を過ごしたことを深く後悔している。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。