時は金なりの意味とは?

「時は金なり」はとても有名なことわざで、ほとんどの人は1度は耳にしたことがある言葉だと思います。
ここでは時は金なりの意味をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

時は金なりの意味

時は金なりは「時間はお金と同じくらいに貴重なものなので、大切にしましょう」という意味の言葉です。

お金は誰もが大切にしますが、時間はちょっと油断しているとだらだらと過ごして浪費してしまうこともあり、お金に比べると大切にする意識が薄いです。
「時は金なり」は、このような意識を改めて、時間をお金と同様に大切にするように戒めている言葉です。

時は金なりは英語では「Time is Money(タイムイズマネー)」といいます。
もともと時は金なりは「Time is Money」を日本語に訳したもので、「Time is Money」はベンジャミン・フランクリンの名言として有名な言葉です。
ちなみにベンジャミン・フランクリンは政治家や実業家、物理学者、アメリカ合衆国憲法の起草者など多数の肩書きを持つアメリカの偉人です。

ベンジャミン・フランクリンは18世紀に生きた人物で、それから300年近くがたった現在でも、この名言がしっかりと生き続けているということは、この言葉が正しい証拠とも言えるので、「時は金なり」の戒めは心に刻んでおいた方が良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。