座右の銘の意味とは?

座右の銘

聞かれたときにちゃんと答えられるとカッコいい「座右の銘(ざゆうのめい)」。

「あなたの座右の銘はなんですか?」と聞かれて困らないようにしておきましょう。

この記事では、「座右の銘」の意味やおすすめの座右の銘をご紹介します。

スポンサーリンク

座右の銘の意味

座右の銘(ざゆうのめい)は「いつも自分の心にとめておき、戒めや励ましとする言葉」という意味の言葉です。

「私の座右の銘は一生懸命です」で「私は一生懸命という言葉をいつも心にとめて戒めにしています」という意味になります。
これはつまり「私は物事を一生懸命にやることを心がけています」という意味です。

「座右の銘」は四字熟語でなくても大丈夫です。
例えば「継続は力なり」は座右の銘として有名ですし、二字熟語や詩のような言葉を座右の銘にすることもあります。
タレントの「タモリ」さんは「適当」「現状維持」「やる気のある者は去れ」などを座右の銘にしています。
座右の銘は一つでなくとも良いですし、自分で考えた言葉でも良いです。

おすすめの座右の銘

  • 「継続は力なり」
    イチロー選手が座右の銘にしていることで有名な言葉です。
  • 「雲外蒼天(うんがいそうてん)」
    雲の外には青空があり、やがて雲が晴れれば青空が広がるのだから「今がつらくてもがんばれ」という意味の四字熟語。
  • 「生きてるだけで丸儲け」
    明石家さんまさんの座右の銘として有名な言葉。
    一見ふざけているようで、真理を見抜いた名言です。

この他にも良い言葉は沢山あるので、気に入ったものを見つけてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。