策定の意味をわかりやすく

「策定(さくてい)」は日常生活ではあまり使われない言葉ですが、政治などの分野ではよく使われる言葉です。
その意味は何でしょうか。

スポンサーリンク

策定の意味とは

策定(さくてい)は「政策や計画などを考え、決めること」という意味の言葉です。

策定という言葉はニュースなどで「予算策定」や「事業計画の策定」というように使われることが多いです。
「予算を決めること」や「事業計画を決めること」という意味ですね。

漢字で見ると「策」は「計画」、「定」は「物事を決める」という意味を持つ言葉です。
よって策定は「計画などを決める」という意味になります。

また、策定の類語として「制定(せいてい)」という言葉もありますが、これは「法律や規則などを定めること」という意味の言葉です。
したがって、予算は「政策」なので予算などを定める場合には「策定」を、税法は「法律」なので税法などを定める場合には「制定」を使うことになります。

策定の使い方

  • 政府が今年度の予算案を策定し、衆議院で可決された。
  • パリでは都市計画を策定する際に、芸術の専門家の意見を取り入れなくてはならない。
  • わが社は、経営理念に基づき現実的な事業計画を策定している。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。