コンベンション(convention)の意味とは?

「コンベンション(convention)」は一般的にはあまり馴染みのない言葉ですが、ビジネスなどではよく使われる言葉です。

スポンサーリンク

コンベンション(convention)の意味

コンベンション(convention)は「大規模な会議」「展示会や見本市」という意味の言葉です。

その分野の研究者たちが集まる国際会議や、企業が新製品などを発表する展示会や見本市のことを「コンベンション」といいます。
コンベンションが開催されることによって、開催地域の経済活性化や知名度アップやイメージアップが期待できることから、コンベンションの誘致活動を積極的に行う地域も多いです。

日本の有名なコンベンションシティ(コンベンションを開催する施設を備えた都市)としては、東京ビッグサイトのある東京、幕張メッセのある千葉、インテックス大阪のある大阪などがあげられます。

コンベンション(convention)の使い方

<大規模な会議という意味>

  • エコロジーな街づくりをアピールするために、国際的な環境問題のコンベンションを誘致したい。
  • 今度開かれる人権問題のコンベンションに、地元の識者として招待された。
  • 難民問題を話し合うためのコンベンションを開催したい。候補になるコンベンションシティを探しておいてくれ。

<展示会や見本市という意味>

  • わが社の新製品を発表するのに、地元で開催されるコンベンションはとても都合が良い。
  • 各企業の担当者が集まるコンベンションは、単に新規顧客の獲得だけではなく、情報交換の場としても貴重なものだ。
  • 日本の自動運転技術の高さをアピールするために、広い敷地のあるコンベンションセンター(コンベンションを行うための施設)が必要だ。

というように使います。

コンベンションが開催される地域は大都市であることが多いですが、小さな都市の場合もあります。
地域経済の活性化にコンベンションを上手く活用できるといいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。