陰謀の意味や類語とは?

陰謀

「陰謀を企てる」や「陰謀論」などのように使う「陰謀(いんぼう)」という言葉。
「隠謀」と表記することもありますが、一般的には「陰謀」と書きます。

なんとなく良くない意味であることはわかりますが、「陰謀」とは具体的にどのような意味なのでしょうか?

この記事では「陰謀」の意味や使い方のほか、類語についても解説していきます。

スポンサーリンク

陰謀の意味

陰謀は「人に知られないように密かに企てた、よくない計画」という意味の言葉です。

特に「政治的な企て」を意味することが多く、権力闘争などの背後に陰謀が存在しているケースが多いですが、あまり表にはっきりと出てきません。

わかりやすい例を挙げれば、力のある政治家のスキャンダルをリークして、権力の座から引きずり降ろそうとする計画などが「陰謀」です。
誰がリークしたかは、はっきりしないことがほとんどです。

漢字をみると、「陰」は「人目につかないところ」、「謀」は「計画」という意味を持ちます。

陰謀の類語

陰謀の類語には次のような言葉があります。

  • 謀略(ぼうりゃく):人をおとしいれるような計画。
  • 策略(さくりゃく):自分の目的のために相手おとしいれる計画。
  • 悪巧み(わるだくみ):悪質な計略。
  • 魂胆(こんたん):心に隠されたたくらみ。

陰謀の使い方

  • 国王暗殺の陰謀を企てる臣下。
  • いつのまにか、国家ぐるみの陰謀に巻き込まれてしまった。
  • ケネディ暗殺の陰謀論はいまだに語られている。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。