インフォメーションの意味とは?

インフォメーション

「インフォメーションテクノロジー」などの言葉でもよく耳にする「インフォメーション」という言葉。
情報化社会では必須の言葉です。

「インフォメーション」には複数の意味があるため、それぞれの意味を理解しておく必要があります。

この記事では「インフォメーション」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

インフォメーションの意味

インフォメーション(information)には二つの意味があります。

一つ目は「情報」という意味。
「インフォメーションテクノロジー(information technology)」で「情報技術」という意味になります。
「information technology」の頭文字を取って「IT(アイティー)」と言うことも多いです。

インフォメーションは「取得したままの情報」を意味しており、取得した情報を分析・加工したものは「インテリジェンス(intelligence)」と言い、区別されます。
日本語では「インフォメーション」と「インテリジェンス」はどちらも「情報」と訳されますが、使い分けるようにしましょう。

二つ目は「案内所」「受付」という意味。
「インフォメーションセンター」や「インフォメーションコーナー」などの場合はこの意味になります。
「情報を提供してくれるところ」と理解すると分かりやすいでしょう。

インフォメーションの使い方

<情報という意味>

  • 重要なインフォメーションを提供する。
  • インフォメーションテクノロジーの発達が加速している。

<案内所、受付という意味>

  • 劇場のインフォメーションカウンターでチケットを購入する。
  • インフォメーションブースの受付嬢が非常に美人だ。
  • 道の駅のインフォメーションセンターで、おすすめ観光スポットを教えてもらう。
  • 海外からの来場者に向けて、会場のインフォメーションコーナーでは英語対応もしている。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。