同伴の意味や類語とは?アフターとの違いも解説

同伴

水商売などでよく使う「同伴」という言葉。
「どうはん」と読みます。

「同伴」は、水商売のイメージが強く、いかがわしい意味の言葉だと思いがちですが、特にいかがわしい意味はありません。

「同伴」の正しい意味を知り、適切に使えるようにしましょう。

スポンサーリンク

同伴の意味

同伴(どうはん)は「一緒に連れ立っていくこと」という意味の言葉です。
特に、男女が連れ立っていくことを指すことが多いです。

「家族同伴の社員旅行」で「家族と一緒に連れ立って行く社員旅行」という意味になります。
「同伴」は、水商売のイメージが強いですが、普通に使う言葉です。

水商売の同伴

「同伴」は、ホストクラブやキャバクラなどの水商売でよく使います。

例えば、ホストクラブの場合、「同伴」は「ホストがホストクラブの営業時間前に客と一緒に過ごし、ホストクラブが開店したら、そのまま客と一緒に入店すること」を意味します。
つまり「ホストが客と連れ立って入店する」という意味です。
キャバクラやスナックなどでも同様の意味で使います。

お店の営業時間前には、食事や買い物などをしてお客と一緒に過ごすことが多いです。

同伴とアフター

アフターは「あとの」という意味の言葉です。

水商売では「仕事が終わった後に、営業の一環としてお客さんと食事などに行くこと」という意味で使います。

「同伴」も「アフター」も、行うことはほとんど同じであり、「同伴」は「営業時間前」、「アフター」は「営業時間後」と理解すると良いでしょう。

スポンサーリンク

同伴の類語

同伴の類語には次のような言葉があります。

  • 随伴(ずいはん):お供としてつき従うこと。
  • 随行(ずいこう):目上の人のお供としてつき従うこと。
  • エスコート:人に付き添うこと。
  • お相伴(おしょうばん):正客の連れとして、もてなしを受けること。

同伴の使い方

  • 六本木のクラブは女性を同伴しなければ中へ入れない。
  • 客と同伴出勤するホスト。
  • 愛人同伴で出社する社長。
  • 同伴者が急に来られなくなったので、一人で来ました。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。