解釈の意味とは?

解釈

ちょっと難しそうな「解釈」という言葉。
似ている言葉の「理解」と区別しにくいかもしれません。

そこで、この記事では「解釈」の意味や使い方のほか、「理解」との違いについてわかりやすく解説していきます。

「解釈」や「理解」の意味を正しく理解し、適切に使い分けられるようにしましょう。

スポンサーリンク

解釈の読み方

解釈は「かいしゃく」または「げしゃく」と読みます。

「かいしゃく」と読むのが一般的です。
「げしゃく」と読むと意味が限定的になります。

解釈の意味

解釈(かいしゃく)は「言葉や物事などの意味内容を解き明かすこと、またその説明」「 物事や行為などを自分なりに判断し理解すること」という意味の言葉です。

「げしゃく」と読むと「経文を解き明かすこと」という限定的な意味になります。

「英文解釈」で「英文の意味内容を解き明かすこと、またその説明」という意味になります。
「善意に解釈する」で「 自分なりに善い意味だと判断して理解する」という意味になります。

解釈と理解の違い

理解は「意味や内容などが正しくわかること」「他人の気持ちを察すること」という意味の言葉です。

「意味や内容などが正しくわかること」という意味では「解釈」とほとんど同じですが、「解釈」は「その説明」も意味する点で異なります。

また「解釈」には「 自分なりに理解する」という意味があり、単なる理解とは異なります。
さらに「解釈」には「他人の気持ちを察する」という意味がない点も「理解」とは異なります。

解釈の類語

解釈の類語には次のような言葉があります。

  • 理解(りかい):意味や内容などが正しくわかること。他人の気持ちを察すること。
  • 所見(しょけん):見たところの判断や考え。あることについての考え。

解釈の使い方

  • あなたがそのつもりでも、私の解釈は違う。
  • 悪い方に解釈する。
  • 古典文学を解釈する。
  • 歴史を解釈する。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。