了解の意味とは?

了解

似た意味の言葉が多い「了解(りょうかい)」。

友達同士などでも使うことがありますが、ビジネスで使う場合は注意が必要な言葉です。

「了解」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

スポンサーリンク

了解の意味

辞書によると「了解」は「物事の内容や事情を理解して承認すること・理解・了承(りょうしょう)」と説明されています。

「了解」は「理解」とほとんど同じ意味でも使いますが、単なる理解に加えて、理解してそれを認める(承認する)という意味で使うことが多いです。
「了承」は「了解」よりもさらに承認する意味合いが強い言葉です。

ビジネスでは「了解しました」と「承知(しょうち)しました」で悩むこともありますが、「了解しました」は丁寧語、「承知しました」は謙譲語なので、目上の方に対して使う場合は「承知しました」が適しています。
さらに丁寧な「かしこまりました」という言葉もあるので、場面によって使い分けると良いでしょう。

了解の使い方

  • 両親の了解を得る必要がある。
  • 理解したが、了解はしなかった。
  • 上司に了解を求める。

というように使います。
「了解を得る」という言い回しはよく使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。