見解の意味とは?類語もご紹介

見解

「政府の見解」などのように使う「見解」という言葉。
ニュースなどでよく耳にする言葉です。

「見解」には似た言葉が多く、特に「意見」とは区別しにくいと思います。

そこでこの記事では「見解」の意味や使い方のほか、「意見」との違いや類語についてご紹介していきます。

正しい意味を知り、似た言葉と使い分けられるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

見解の読み方

見解は「けんかい」または「けんげ」と読みます。

一般的には「けんかい」と読みますが、仏教用語などでは「けんげ」と読みます。

読み方によって少し意味も変わりますので、留意しておきましょう。

見解の意味

見解(けんかい)は「物事に対する見方や考え方」という意味の言葉です。

「けんげ」と読む場合は「真理を見極める力」という意味が含まれます。
仏教用語としては主に「仏教に即した正しい考え方」という意味で使います。

「憲法についての政府の見解」で「憲法に対する政府の見方や考え方」という意味になります。

見解はかたい言葉なので、 政府や企業などの組織や個人が改まった場所で使うことが多いです。

見解と意見の違い

「意見」は「あることに対する考え」「自分の考えを述べて他人をいさめること」という意味の言葉です。

「あることに対する考え」という意味では「見解」と同じですが 、「他人をいさめること」という意味を持つ点で「見解」とは異なります。

また「見解」がかたい言葉であるのに対して「意見」は気軽に使える言葉です。
したがって改まった場面では「見解」、友達や家族などの近しい関係の人に対して使う場合は「意見」が適していると言えるでしょう。

見解の類語

「見解」の類語には次のような言葉があります。

  • 意見(いけん):あることに対する考え。自分の考えを述べて他人をいさめること。
  • 考察(こうさつ):物事を明らかにするためによく考えて調べること。
  • 解釈(かいしゃく):物事を自分なりに判断して理解すること。
  • 所見(しょけん):見たところの判断や考え。あることについての考え。
  • 主張(しゅちょう):自分の考えや持論を強く言い張ること。

見解の使い方

  • 専門家の間でも見解が分かれている。
  • 個人的な見解を述べる。
  • 政府の公式な見解が発表された。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。