流儀の意味とは?

「仕事の流儀」というように使う「流儀(りゅうぎ)」という言葉。
「これが俺の流儀だ!」などと、怖い上司に言われた時に意味が分からないと困るので、意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

流儀の意味

流儀(りゅうぎ)は「物事のやり方」という意味の言葉です。
「仕事の流儀」で「仕事のやり方」という意味になります。
「流儀」には、その人の生き方が反映されることがあるため「生き様」や「物事との向き合い方」などのニュアンスを含むことも多いです。

NHKの「プロフェッショナル・仕事の流儀」は、プロの仕事人の仕事のやり方、仕事との向き合い方などを紹介する番組です。

また、「流儀」は伝統的な技芸の分野では「流派(りゅうは)」という意味でも使います。
「流派」は「流儀の違いから区別される系統」という意味の言葉。
簡単に言えば「その人たちのやり方」という意味です。

漢字を見ると「流(りゅう)」の一字だけでも「流儀」や「流派」という意味を持ちます。
よく使われる「○○流」という言葉は「○○さんのやり方」という意味です。

流儀の使い方

  • 人にはそれぞれの流儀がある。
  • ただ背中を向けて逃げ出すのは彼の流儀ではない。
  • 本家の流儀を継承する。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。