ニュアンスの意味とは?

ニュアンスは広く浸透している言葉ですが、「ニュアンスってなに?」と聞かれると説明に困る言葉でもあります。
ここではそんな「ニュアンス」の意味をわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

ニュアンスの意味とは

ニュアンスは「言葉などの微妙な意味合い」「色彩や音色などの微妙な差異」という意味の言葉です。

ニュアンスの意味は「微妙な雰囲気」と簡単に捉えるとわかりやすいかもしれません。
はっきりとわかることではないが、わかる人にはわかる微妙な雰囲気のことです。
例えば「発言のニュアンスから真意をくみ取る」という場合は「発言の微妙な雰囲気から本当の意味をくみとる」という意味になります。
口では「イエス」と言っても、その言い方が微妙に嫌そうであれば、本心は「ノー」だとわかりますよね。
このような微妙な雰囲気や意味合いのことを「ニュアンス」と言います。

ニュアンスの使い方

  • 彼の物言いのニュアンスから、隠し事があると気付いてしまった。
  • この色彩のニュアンスがわかる人は、あまりいない。
  • 前後の文章から、言葉のニュアンスは理解できると思う。

というように使います。

ニュアンスはフランス語で「nuance」と綴ります。
フランス語が元となっているカタカナ語は、なんだかオシャレな感じの言葉が多く、ニュアンスという言葉も使いこなせるとカッコイイかもしれないですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。