影響の意味とは?

影響

「影響を与える」や「影響する」というように日常的によく使われる「影響(えいきょう)」という言葉。

使われている漢字がなぜ「影」と「響」であるかを知ると、より深く意味を理解できます。

この記事では「影響」の意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

影響の意味

影響は「あるものの作用が他のものに及ぶこと」という意味の言葉です。
あるものが力を及ぼして、他のものを変化・反応させることを「影響」といいます。
「影響」は良い変化にも悪い変化にも使えます。

漢字を見ると「影」と「響」という字が使われていますが、これは「影が形に従い、響きが音に応じる」という意味です。
形が変わるとそれが作る影の形も変わり、音が変わればその響きも変化する、という意味です。

「形と影」や「音と響き」の関係のように、密接に力を及ぼして、ある物事を変化・反応させるようなことを比喩的に「影響」というわけですね。

影響の使い方

  • 親の影響を受けて、楽観的な性格になる。
  • 歴史に大きな影響を与えた人物。
  • 周辺国に強い影響力を持つ大国。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。