及第点の意味をかんたんに

「及第点(きゅうだいてん)」はニュースなどでよく使われている言葉ですが、ちょっと読みにくい言葉です。
意味はとても簡単です。

スポンサーリンク

及第点(きゅうだいてん)の意味とは

及第点は「試験などに合格するために必要な点数」という意味の言葉です。
「合格点」と同じ意味です。

もともと「及第」は中国の言葉で、「第」は「屋敷」という意味を持っています。
中国の官僚試験である「科挙(かきょ)」に合格したあかつきには大きな屋敷で勤務することになるので、「第」に「及ぶ」、すなわち「屋敷」に「手が届く」という意味で「及第」という言葉ができました。
この及第のために必要な点数が「及第点」という訳です。

また、及第点には「合格ギリギリの点数」という意味もあり、こちらの意味で使われることも多いです。
「なんとかギリギリで合格」という意味ですね。

及第点の使い方

  • 期待の新人選手に及第点をつけた。
  • なんとか及第点の評価をもらえて一安心した。
  • 及第点をとることができて、進級することができた。

というように使います。

及第点は特にスポーツ選手を評価するときに多く用いられます。
反対に学校の試験などについては「合格点」という言葉を用いることが多いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。