暁の意味と読み方、名前にも良い言葉

暁という言葉には良い意味があり、名前にも用いられています。
暁は「あかつき」という読み方で1度は耳にしたことがあると思いますが、その意味や読み方はいくつかあります。

スポンサーリンク

暁の意味とは

暁には2つの意味があります。

1つ目は「あけ方」という意味です。
有名な「春眠を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)」という言葉ではこの意味で使われており、これは「春の眠りは心地よいので、朝が来たことにも気づかずに眠り続けてしまう」という意味です。

2つ目は「そのことが起きたとき」という意味です。
この意味では「合格の暁には車を買ってあげる」というように「~の暁には」と使われることが多いです。

また、暁という言葉には、上記のほかにも「はっきりと理解する」「明らか」「理解や判断が速く賢い」といった良い意味があるので、名づけにもよく使われています。

暁の読み方

暁は訓読みで「あかつき」、音読みで「ギョウ」「キョウ」と読みます。

名前として用いる場合には、このほかにも「あきら」や「あき」、「あけ」「さとし」「さとる」など、多様な読ませ方があります。
例をあげると、「暁」一文字で「あきら」と読ませる場合もありますし、一文字で「あき」や「あかつき」、「さとし」や「さとる」と読ませる場合もあります。
また、「一暁」と書いて「かずあき」、変わった読みでは「暁輝」と書いて「たける」という読ませ方もあります。
さらに、女の子の場合なら「暁衣」と書いて「あきえ」や「美暁」と書いて「みさと」といった具合です。

暁の使い方

  • が近づき、空が明るくなってきた。
  • 当選のには必ず約束を守ります。
  • この願いが成就(じょうじゅ)したには、きっとお礼に来ます。

というように使います。
暁といえば「あけ方」というイメージですが、日常的にはこの意味で使われることはあまりないでしょう。
それよりも、日常では「そのことが起きたとき」という意味で使われることが多いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。