アカデミックの意味をわかりやすく

アカデミックはあまり日常会話では使われない言葉ですが、ニュースなどではたまに使われるので覚えておいた方が良いでしょう。
ここではアカデミックの意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アカデミックの意味とは

アカデミック(academic)には意味が2つあります。
1つ目が「純粋に学問的なこと」「学術的(がくじゅつてき)」という意味。
2つ目が「伝統にとらわれており新しさに欠けること」という意味です。

2つ目の意味はあまり良い意味ではありません。

また、アカデミックの名詞形は「アカデミー」(academy)であり、これは「学会」「大学」という意味の言葉です。
ちなみに映画のアカデミー賞の「アカデミー」です。

アカデミックの使い方

  • アカデミックな雰囲気にのまれてしまった。
  • 彼のアカデミックな姿勢には感心させられる。
  • この組織のアカデミックな体質には辟易(へきえき)する。

というように使います。
上の2つは「純粋に学問的なこと」という意味で、3つ目は「伝統にとらわれており新しさに欠けること」という意味です。
ちなみに辟易とは「嫌になる」という意味の言葉です。

また、アカデミックは他の言葉にくっつけて使われることもあり、「アカデミック・ディスカウント」(大学などに商品を安く売ること)や「アカデミック・マーケティング」(学術的な裏付けを利用した商品の販売促進)などの言葉があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。