アナーキーの意味とは?

アナーキーはそれほどよく耳にする言葉ではありませんが、国際社会に関心のある方は知っておくべき言葉です。
意味はそれほど難しくはありません。

スポンサーリンク

アナーキーの意味とは

アナーキー(anarchy)には2つの意味があります。

1つ目は「無政府状態」「無秩序状態」という意味。

無政府状態は「秩序が失われ、行政機関が全く機能していない状態」という意味の言葉。
無秩序状態は読んで字のごとく、「秩序の無い状態」という意味です。
要するに「混乱している状態」のことですね。
紛争などが起きるとアナーキーになってしまうことがあります。

2つ目は「社会秩序や権威から自由であるさま」という意味です。
1つ目の意味は悪い意味ですが、こちらは良い意味で使われることが多いです。
「何ものにもとらわれない」という意味合いですね。

また、アナーキーにはセットで考えると覚えやすい言葉もあり、「無政府主義」「アナーキズム」「無政府主義者」「アナーキスト」といいます。

アナーキーの使い方

<無政府状態・無秩序状態という意味>

  • 紛争によるアナーキーには一刻も早く対応しなければならない。
  • アナーキーな考え方には異論がある。

<社会秩序や権威から自由であるさまという意味>

  • 変わり者と見られようとも、アナーキーであることを選んだ。
  • アナーキーな生き方にあこがれる。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。