セオリーの意味とは?

セオリーはよく使われている言葉ですが、その意味は結構アバウトに捉えられているようです。
ここではセオリーの意味をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

セオリーの意味とは

セオリーとは「理論・学説」「確立された手法」などの意味を持つ言葉です。
セオリーは英語で「theory」と綴り(つづり)ます。

英語では「理論」や「学説」といった意味で使われますが、日本語では「確立された手法」という意味で使われることが多いです。
確立された手法とは将棋でいうところの「定跡(じょうせき)」のことです。
わかりやすくいえば「最善とされているやり方」のことですね。
ちなみに囲碁の場合は石を使うゲームなので「定石(じょうせき)」と書きます。
意味は同じです。

セオリーの使い方

  • セオリー通りにことを進めるつもりである。
  • このセオリーはとても役に立つものだ。
  • これは予想外!セオリーが崩れてしまった。
  • 恋愛のセオリーを教えてあげよう。

というように使います。
上記は全て「確立された手法」という意味で用いています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。