アバウトの意味とは?

アバウト

「アバウト(about)」はもともと英語で、カタカナ語として使う場合は意味が変化します。

「アバウト」はどのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アバウト」の意味や使い方のほか、英語との違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

アバウトの意味

アバウト(about)は「おおよそ」や「大体」という意味の英単語で、カタカナ語としては「おおざっぱな」「いい加減な」という意味で使われます。

英語としては悪い意味はありませんが、カタカナ語としては悪い意味で使うことが多いです。
「アバウトな性格」で「おおざっぱな性格」や「いい加減な性格」という意味になります。

また、英語としては「~に関して」という意味で使うことも多いですが、カタカナ語としてはこの意味で使うことはほとんどありません。

アバウトの使い方

  • なんてアバウトな奴だ!
  • チェックがアバウトなので、なんでも持ち込める。
  • ルートをアバウトに決めたせいで道に迷った。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。