啓発や自己啓発の意味とは?

「啓発(けいはつ)」という言葉は、「自己啓発(じこけいはつ)」という言葉の一部として耳にすることが多いです。
その意味はなんでしょうか。

スポンサーリンク

啓発の意味

啓発は「気づかずにいるところを教え示し、より高いレベルの認識や理解に導くこと」を意味する言葉です。

啓発することやされることは、自分や他人の認識の水準が上がるので、とても良いことです。

漢字でみてみると、「啓(けい)」は「分からないことを教え導く」という意味を持っており、「発(はつ)」は「内から外に開く」という意味を持っています。
よって2つの言葉を合わせた「啓発」は上記のような意味の言葉になるのです。

啓発の使い方

  • お坊さんの教えに啓発された。
  • 啓発するつもりで言ったことが、イマイチ伝わらなかった。
  • 自己啓発に関する本を読んだ。

というように使います。

自己啓発の意味

自己啓発は「自分で自らの能力の向上に努めること」という意味の言葉です。
自分が啓発される機会を自ら作ろうとするのが自己啓発です。

自己啓発を行う人はモチベーションが高いですから、受動的な人よりも能力が向上するスピードが速いです。
もし現状の自分に不満があり、能力や精神性が低いと感じている場合は、自己啓発を行うと良いでしょう。

自己啓発を行う場合に一番手っ取り早いのは、自己啓発本をはじめとした「本を読むこと」です。
セミナーなどは敷居が高いですが、読書はとても手軽にできます。

自己啓発本に限らず、歴史書やノンフィクションなどでも、おもいきり啓発されることがあるので読書は非常におすすめです。

余談ですが、マイクロソフトの創業者である「ビル・ゲイツ」は「もしどんな能力でも1つだけ身に付けられるとしたら、どんな能力が良いですか」との質問に対し、「本を速く読める能力」と答えたそうです。
ビルゲイツの読書スピードはすでに十分速いですが、さらに速く読めるようになりたいとのことです。

時間を止めたり瞬間移動をするよりも、本を読むことには価値があるようですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。