ネガティブの意味とは?

ネガティブ

「ネガティブな性格」というように使われる「ネガティブ(negative)」という言葉。

一般的にあまり良い意味では使われませんが、実はそれほど悪い意味の言葉ではありません。

「ネガティブ」とはどのような意味の言葉でしょうか?

スポンサーリンク

ネガティブの意味

ネガティブ(negative)は「否定的であるさま」「消極的なさま」という意味の言葉です。

物事を否定的に捉えることや消極的に捉えることを「ネガティブ」といいます。
例えば「明日の発表会はきっと失敗するから休みたいな」というように考えることは「ネガティブ」です。
否定的で消極的な考え方ですね。

ネガティブの反対語は「ポジティブ(positive)」で、これは「肯定的であるさま」や「積極的なさま」という意味の言葉です。
先ほどの例でいえば「明日の発表会はきっと成功するから楽しみだな」というように考えることがポジティブな考え方です。

通常、ネガティブは悪いことでポジティブは良いことと捉えられがちですが、実際はそう単純な話ではなく、両方のバランスをとることが大切です。

ポジティブも度が過ぎると肯定的や積極的を通り越して「何も考えていない」というような状態になってしまいますし、ネガティブはある程度までなら「思慮深い」という状態になります。
思慮深いは「物事をしっかりと深く考えること」という意味の言葉です。

ネガティブの使い方

  • ネガティブな自分の性格が嫌いではない。
  • ネガティブな作風の小説が好みである。
  • 適度なネガティブシンキングにはメリットも沢山ある。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。