石橋を叩いて渡るの意味とは?

石橋を叩いて渡る

「石橋を叩いて渡る(いしばしをたたいてわたる)」は、かなり有名なことわざなので、誰しも一度は耳にしたことがあると思います。

この記事では「石橋を叩いて渡る」の意味や使い方のほか、類語や派生語などについてご紹介していきます。

「石橋を叩いて渡る」の意味を理解して、使いこなせるようになりましょう。

スポンサーリンク

石橋を叩いて渡るの意味

石橋を叩いて渡るは「用心に用心を重ねて慎重にことを行う」という意味のことわざです。
わかりやすく言えば「用心深く行動する」という意味です。

石で作られた橋は非常に頑丈でまず落ちませんが、それでも落ちるのではないかと疑って橋を叩いて安全を確かめてから渡る、という用心深い行動を喩えたことわざです。

石橋を叩いて渡るの派生語

「石橋を叩いて渡る」から派生したことわざには次のようなものがあります。

  • 石橋を叩いて渡れ(いしばしをたたいてわたれ):用心深く行動しろ。
  • 石橋を叩いても渡らない(いしばしをたたいてもわたらない):度胸がない。臆病である。
  • 石橋を叩いて壊す(いしばしをたたいてこわす):用心のしすぎで失敗する。

スポンサーリンク

石橋を叩いて渡るの類語

「石橋を叩いて渡る」の類語には次のようなものがあります。

  • 転ばぬ先の杖(ころばぬさきのつえ):失敗しないように、あらかじめ十分に準備しておくこと。
  • 濡れぬ先の傘(ぬれぬさきのかさ):失敗しないように、前もって準備しておくこと。
  • 浅い川も深く渡れ(あさいかわもふかくわたれ):些細な事でも用心して注意深く行動しろ、という戒め

石橋を叩いて渡るの使い方

  • 石橋を叩いて渡る性格の人。
  • 石橋を叩いて渡るタイプの経営者。
  • 石橋を叩いて渡るようなやり方は、私の流儀ではない。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。