ナーバス(nervous)の意味をわかりやすく

ナーバス(nervous)はよく耳にする言葉なので、意味は知っておいた方が良いでしょう。
ナーバス(nervous)は簡単な意味の言葉です。

スポンサーリンク

ナーバス(nervous)の意味とは

ナーバス(nervous)は「神経質なさま」という意味の言葉です。

神経質(しんけいしつ)とは「ちょっとしたことにも過敏に反応する状態」「細かいことをいちいち気に病むさま」を意味する言葉。
怒りっぽくなっている状態や、落ち込みやすくなっている状態を「ナーバスになっている」と表現したりします。
ひと言でいえば、神経質やナーバスとは「神経が過敏(かびん)な状態」のことですね。

ナーバスになっているときの対処法としては運動が効果的なようです。
運動をすることによってストレスに強くなることは科学的に立証されていることなので、自分がナーバスな状態のときは試してみると良いと思います。

ナーバス(nervous)の使い方

  • 現代人の生活はとても便利になったが、その反面、ナーバスになりやすい環境でもあるので、日々の生活に適度な運動を取り入れるなど意識的に対処することが望ましい。
  • 田中君はプロボクサーで普段は豪快な男なのだが、試合前になると無口になり、とてもナーバスになってしまう。
  • サーカスの熊に餌を与えようとしたところ、その日はナーバスで機嫌が悪かったらしく、本気で噛みついてきた。
  • 小説家が行う推敲(すいこう)は、素人目にはいくらなんでもナーバス過ぎると感じる。なにせ、読点(とうてん)を打つか打たないかで半日も悩んでいるのだ!
  • 動物が最もナーバスになるのは子育てをしている時期だろう。分かってはいたし気を付けてもいたのだが、子連れの母熊が今、目の前にいる。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。