語弊の意味をわかりやすく

「語弊(ごへい)」は、日常的に使われている言葉ですが、やや難しい言葉です。
ここでは語弊の意味をわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

語弊(ごへい)の意味とは

語弊は「言葉の使い方が適切ではないために生じる誤解や弊害」という意味の言葉です。
弊害(へいがい)は「害となる悪いこと」という意味の言葉。

例えば、「ケチと言うと語弊があるので無駄遣いをしないと言い換える」というと「ケチと言うと悪い印象を与える(=誤解や弊害がある)ので、無駄遣いをしないと言い換える」という意味になります。
「ケチ」は「語弊がある言い方」で「無駄遣いをしない」は「語弊がない言い方」です。
「ケチ」も「無駄遣いをしない」も同じような意味ですが、言い方で印象が変わるということです。

また、誤解や弊害が生じる可能性のある言葉を使うときに、前もって「語弊があるかもしれませんが」と前置きしておくことで、「誤解しないでください」や「悪くとらないでください」といったニュアンスを相手に伝えることもできます。

語弊(ごへい)の使い方

  • 語弊があるかもしれませんが、言わせてください。
  • 語弊がある言い方はなるべく避けるべきである。
  • 逃げたという表現には語弊がある。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。