サンクチュアリ(sanctuary)の意味とは?

「サンクチュアリ(sanctuary)」は、それほどよく耳にする言葉ではありませんが、どこかで1度は聞いたことがある言葉だと思います。
サンクチュアリの意味は何でしょうか。

スポンサーリンク

サンクチュアリ(sanctuary)の意味とは

サンクチュアリ(sanctuary)は「聖域(せいいき)」という意味の言葉です。

サンクチュアリはもともと、中世ヨーロッパの神殿や教会などの王権の及ばない地域のことでしたが、そこから派生して「神聖な場所」「保護区」「触れてはならない問題や領域」という意味を持つようになりました。

現在では神殿や教会に限らず様々な分野の「聖域」、つまり「神聖な場所」や「保護区」や「触れてはならない問題や領域」のことを「サンクチュアリ」といいます。

サンクチュアリ(sanctuary)の使い方

<神聖な場所という意味>

  • ネイティブアメリカンに気に入られて、彼らのサンクチュアリに連れて行ってもらった。
  • ある島は、島全体がサンクチュアリになっており、女人禁制になっている。

<保護区という意味>

  • 明日は日曜日なので、バードサンクチュアリ(野鳥類の保護区)がある大きな公園に行うと思う。
  • 中国の四川省にはジャイアントパンダのサンクチュアリがあり、2006年に世界遺産登録がされている。

<触れてはならない問題や領域という意味>

  • 私の国では、政治がらみの事件はサンクチュアリとされるものが多い。
  • わが社の会長に愛人がいることはサンクチュアリである。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。