クラフト(craft)の意味をわかりやすく

クラフト(craft)は他の言葉にくっつけて使われることの多い言葉です。
クラフトはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

クラフト(craft)の意味とは

クラフト(craft)には2つの意味があります。

1つ目が「民芸品」「工芸品」という意味。
2つ目が「クラフト紙」という意味です。

クラフト(craft)は本来、「技術」や「技巧(ぎこう)」という意味の言葉ですが、ここから派生して「民芸品」や「工芸品」という意味も持つようになりました。
民芸品も工芸品も高い技術が必要な手作業によって作られるものなので、「技術」や「技巧」を意味する「クラフト」という言葉が使われるようになったようです。

また、「クラフト紙」は封筒や包装紙によく使われている紙のことです。
あの茶色っぽくて、しっかりとした質感の紙のことです。

クラフトの使い方

  • 僕はとても不器用な人間なので、素晴らしい作品を作り上げるクラフトマンに憧れる。
  • 週末に地方のクラフトビールが集まるビアガーデンに行って飲み比べをするつもりだ。
  • 本格的なお城のペーパークラフトを見て、その大きさや迫力に圧倒され、素材が紙とは思えなかった。
  • クラフトは非常にしっかりとしているので、包装紙としての用途に最適な紙である。

というように使います。
クラフトは上記のように他の言葉にくっつけて使うことの多い言葉です。

クラフトマンは「職人や熟練工」、クラフトビールは「地ビール」、ペーパークラフトは「紙を素材として制作される立体模型」という意味の言葉です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。