憧れるの意味とは?

憧れる

「先輩に憧れる」などのように使う「憧れる(あこがれる)」という言葉。
「憧れの○○」などのような使い方も多く見られます。

日常的にとてもよく使う言葉ですが、意味を説明するのは意外と難しいかもしれません。

この記事では「憧れる」の意味や使い方について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

憧れるの意味

「憧れる」は「理想とする物事や人物に強く心を惹かれること」という意味の言葉です。
自分が理想とする生活や、理想的な人物などを、たまらなく恋しく思うことを指します。

「好き」という言葉と意味が近いですが、 「憧れる」は「 手が届きそうにない」という意味合いが含まれる点で違いがあります。
「憧れる」は「好き」とは異なり、自分には手が届きそうもない理想に対する気持ちを言います。

憧れるの語源

「憧れる」は、もともと「あるべき場所から離れる」という意味の言葉です。

これがいつしか「心があるべき場所から離れる」、つまり「心が奪われる」という意味になったとされています。

憧れるの使い方

  • 弁護士の仕事に憧れるが自分にはなれそうもない。
  • 金持ちの友人の生活に憧れるようになった。
  • 憧れの先輩と目が合った。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。