ケミカル(chemical)の意味とは?

「ケミカル(chemical)」は、「ケミカルウォッシュデニム」や「ケミカルシューズ」などの言葉でも耳にする機会がありますが、どのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

ケミカル(chemical)の意味

ケミカル(chemical)は「化学的な」「化学的に合成した」という意味の言葉です。

化学は科学の一分野であり、物質が変化する仕組みなどを扱う学問のことです。
ケミカルの意味を説明する際には、「科学」という言葉を用いると意味が広くなりすぎるので、「化学」という言葉を用いています。

前述のケミカルウォッシュデニムは「薬剤を用いて洗い、意図的に色落ちさせたデニム」のことで、ケミカルシューズは「合成皮革(ごうせいひかく)で作られた靴」のことです。
合成皮革とは化学的に合成された皮革代用品のことです。

ケミカル(chemical)の使い方

<日常での使い方>

  • ケミカルウォッシュデニムはダサいと思われていたが、なんと2000年代に原宿系の定番コーディネイトとして復活した。
  • 本革の靴よりもケミカルシューズの方が履きやすく感じる。
  • 私は肌が弱いので、化粧品はなるべくノンケミカルのものを使用するようにしている。(ノンケミカルは「化学成分無配合」というような意味で使われることが多い言葉ですが、生産者側はノンケミカルを「化学成分無配合」という意味では使っていない、という意見もあり、消費者側と生産者側で齟齬がある、との指摘もある言葉です)

<ちょっと専門的な使い方>

  • 今度、硫酸(りゅうさん)を海外に運ぶ仕事を任され、ケミカルタンカーに乗船することになった。(ケミカルタンカーは硫酸などの化学製品を運ぶ専用のタンカーのことです)
  • 工場の設計に興味があるから、ケミカルエンジニアリングの分野に進もうと思っている。(ケミカルエンジニアリングは工学の一分野で、「化学工学」と訳されています)

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。