エフェクトの意味とは?

エフェクト

映像作品などでよく使う「エフェクト」という言葉。
英語では「effect」と表記します。

「エフェクト」は意味をしっかり理解しているとカッコいい言葉かもしれません。

この記事では「エフェクト」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エフェクトの意味

エフェクト(effect)は「効果」「影響」という意味の言葉です。
特に「映像作品で用いる音響効果や映像効果」を意味することが多いです。
映像作品などの「効果」は「効き目」という意味ではなく、「その場面にふさわしい雰囲気を人工的に作りだすこと」を意味します。

具体的には、海のシーンで波の音を人工的に作りだしたり(音響効果)、雨のシーンで人工的に雨を降らせたり(映像効果)することなどを「エフェクト」と言います。

「effect(エフェクト)」の語源はラテン語の「effectus(エフェクトゥス)」で、これも「効果」という意味の言葉です。

エフェクトの使い方

  • デジタル技術の進展より、エフェクト処理が楽になった。
  • 声にエフェクトをかけて、それらしく聞こえるようにする。
  • ゲームのエフェクトデザイナー憧れて、勉強を始めた。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。