エッセンス(essence)の意味をわかりやすく

エッセンス(essence)は美容品の説明などでよく使われている言葉です。
エッセンスの意味は2つあります。

スポンサーリンク

エッセンス(essence)の意味とは

エッセンス(essence)の1つ目の意味は「本質的なもの」
2つ目が「精油(せいゆ)」という意味です。

本質的とは「ものごとの根本にかかわるさま」を意味する言葉。
精油は「植物から抽出される液体で、その植物の香り成分が凝縮されているもの」のことです。
この精油は「エッセンシャルオイル」とも呼ばれています。

エッセンシャルとは「植物などのエキスを含む」という意味の言葉であり、「エッセンシャルオイル」も「エッセンス」も、どちらも「精油」という意味を持っている言葉です。

エッセンス(essence)の使い方

  • 話のエッセンスを抜き出してまとめた本。
  • バラのエッセンスを配合した化粧品。
  • 化学的に合成されたものよりも、天然のエッセンスの方が良い。

というように使います。
1つ目は「本質的なもの」という意味、下の2つは「精油」という意味で使っています。

エッセンス(精油)は化粧品や香水などのほかにも、食品の香り付けに使われたりもします。(オレンジエッセンスやバニラエッセンスなど)
また、天然の植物に由来するものだけではなく、化学合成されるものもあります。

ちなみに、バラのエッセンス(ローズエッセンス)の抽出に使われているのは天然のバラで、バラの香りは複雑なためローズエッセンスは未だに化学合成することは出来ないそうです。
なんだか自然の神秘を感じますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。