ガッデム(goddamn)の意味とは?

「ガッデム(goddamn)」はプロレスラーの蝶野正洋(ちょうのまさひろ)さんの決め台詞としても有名な言葉ですが、その意味は何でしょうか。

スポンサーリンク

ガッデム(goddamn)の意味

ガッデム(goddamn)は「ちくしょう!」「くそ!」という意味の罵り(ののしり)言葉です。
何か悔しい出来事があった時などに「ガッデム」と言います。

ガッデムは海外ではよく使われていますが、日本人で使っている人はほとんど見ないです。
蝶野さんくらいでしょう。

ガッデム(goddamn)は「God(ゴッド)」と「damn(ダァム)」という単語がくっついて出来た言葉で、スラング(俗語)です。
スラング(俗語)とは、「綺麗な言葉ではなく、あらたまった場所では使われないような言葉」のこと。

「God(ゴッド)」は「神」を意味し、「damn(ダァム)」は「のろう」や「地獄に落とす」などの意味を持っている言葉です。
もともとガッデム(goddamn)は「God damn it」という言葉からきており、これを直訳すると「神がそれをのろう」となります。
やり場のない怒りや憤りを感じたときに、「それに対して天罰を期待する」という意味合いですね。

また、「God damn it」は「goddamn!(ガッデム)」の他にも 「damn it!」や「damn!」と言われる場合もあり、いずれも同じ意味です。

スポンサーリンク

ガッデム(goddamn)の意味とは?」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    わかりやすい説明ありがとうですが「ゴット」じゃなくて「ゴッド」ね

  2. lake24 投稿作成者

    ご指摘ありがとうございます!
    修正しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。