憤りの意味や読み方とは?

憤り

「強い憤りを感じる」などのように使う「憤り」という言葉。
ニュースなどでよく使われる言葉ですね。

類語に「怒り」があり、両者は非常によく似ているものの、少し意味合いが異なります。

この記事では「憤り」の意味や読み方のほか、「怒り」との違いなどについて解説していきます。

意味を正しく理解し、適切に使えるようにしましょう。

スポンサーリンク

憤りの読み方

憤りは「いきどおり」と読みます。

よくある間違いは「いきどうり」で、これは誤りです。
「いきどうり」では文字変換が出来ないので注意しましょう。

憤りの意味

憤りは「腹を立てること」「腹を立てて不満を抱くこと」という意味の言葉です。

「腹を立てること」という意味では「怒り」と同じですが、「不満を抱くこと」という意味を持つ点で異なります。

「怒り」は単純に「腹を立てること」を意味するので、傍から見て分かりやすいという特徴があります。
対して「憤り」は分かりやすい場合もありますが、傍から見て分かりにくい場合もあります。
感情を外に出さず、不満を抱えているような場合ですね。

また、「憤り」は少しかたい言葉なので、日常会話では「怒り」や「怒る」を使う方が適しているでしょう。

憤りの使い方

  • あなたのやり方に対して強い憤りを感じます。
  • 自分が何もできないことに憤りを覚える。
  • 憤りをこめた眼差しを向ける男。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。