エクスプレスの意味とは?

エクスプレス

列車の名称などでよく耳にする「エクスプレス」という言葉。

「エクスプレス」はもともと英語ですが、日本でもよく使われる言葉です。

この記事では「エクスプレス」の意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

エクスプレスの意味

エクスプレス(express)は「急行列車」「急行の」という意味の言葉です。
英語としては「表現する」などの意味もありますが、カタカナ語としては「急行列車」や「急行の」という意味で使うことが多いです。

また「エクスプレス」は乗り物や運送サービスなどの名称として使われることが多く、例えば「オリエントエクスプレス(=ヨーロッパの長距離豪華列車)」、「つくばエクスプレス(=つくば市と秋葉原を結ぶ鉄道)」、「金沢エクスプレス号(=渋谷区と金沢市を結ぶ高速バス)」など、この他にも非常に多くの名称に使われています。

エクスプレスとエキスプレス

「エクスプレス」は「エキスプレス」と言うこともあります。
どちらも同じ言葉なので混乱しないようにしてください。

クレジットカードの「アメリカンエキスプレス」などは「エキスプレス」という方が一般的です。

エクスプレスの使い方

  • 東京から成田空港に行くために成田エクスプレスを利用する。
  • 高速バスの神戸エクスプレスで広島まで移動する。
  • かつて、トワイライトエクスプレスという列車が大阪から札幌までを走っていた。
  • アメリカンエキスプレスのゴールドカードを所有している。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。