エクストラとエキストラの意味とは?

エクストラとエキストラ

よく似たカタカナ語の「エクストラ」と「エキストラ」。

どちらも英語に由来するカタカナ語です。

この記事では「エクストラ」と「エキストラ」の意味や使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

エクストラとエキストラの意味

「エクストラ」と「エキストラ」はどちらも英語「extra」に由来するカタカナ語です。
「extra」は「余分の」「臨時の」「特別な」などを意味する英単語。
「エクストラ」と「エキストラ」はどちらも「extra」を意味する同じ言葉であり、ネイティブの発音に近いのは「エクストラ」です。

エクストラとエキストラの使い分け

「エクストラ」と「エキストラ」は同じ言葉ですが、カタカナ語としては使い分けを意識したほうが良いかもしれません。
特に映画やドラマの「臨時雇いの出演者」という意味では「エキストラ」ということがほとんどで、「エクストラ」とはあまり言いません。

対して「エクストラ」は「エクストラマネー」や「エクストラ仕様」などのように幅広く使いますが、「エキストラマネー」などと言うこともあります。

いずれにしても「エクストラ」と「エキストラ」は同じ言葉なので、どちらを使っても誤用ではありませんが、「臨時雇いの出演者」という意味では「エキストラ」と言った方が通じやすいでしょう。

エクストラとエキストラの使い方

  • エクストラ能力を持つゲームキャラクター。
  • エクストラマネーとして一万円の追加出費があった。
  • ドラマのエキストラとして出演することが決まった。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。