エイジングやアンチエイジングの意味とは?

エイジングとアンチエイジング

アンチエイジング」や「エイジングケア」などでよく耳にする「エイジング」という言葉。

その意味をご存知でしょうか?

「エイジング」は日本でもよく使われる言葉なので、意味をしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

エイジングの意味

エイジング(aging)は「加齢」、つまり「年を取ること」という意味の言葉です。

人間のような生物では、特に「老化」という意味で使うことが多いですが、「成長」や「成熟」という意味も含んでおり、食品などでは「熟成」という意味でよく使います。
「エイジングビーフ」で「熟成肉」という意味になります。

また、建物や家具などでは「長年使い込んだように加工すること」を「エイジング加工」と言います。

よく聞く言葉の「アンチエイジング」は「抗老化」という意味です。詳しくは下記をご覧ください。

アンチエイジングとエイジングケア

「アンチエイジング」は「抗老化」つまり「老化に抗うこと」という意味の言葉です。
いつまでも若々しくあったり、出来るだけ元気に長生きするための対策をとることを意味します。

対して「エイジングケア」は「年齢に応じたお手入れ」を意味する言葉です。
「アンチエイジング」に比べると「エイジングケア」は気楽な言葉で、自分に合った化粧水を使ったり、フェイスマッサージをしたりすることなどを指します。

例えば、若く見せるための美容整形は「アンチエイジング」ですが、「エイジングケア」とは言いません。

エイジングの使い方

  • アンチエイジングのためにウォーキングを行う。
  • 日々のエイジングケアは美容のために欠かせない。
  • 乾燥熟成された牛肉をドライエイジングビーフという。
  • エイジング加工してビンテージ風にした机。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。